みずほ銀行カードローンは金利安い?大手銀行カードローンの審査通るか不安 初めてのキャッシング

 

みずほ銀行カードローンは大手メガバンクの安心感があり

 

金利が安いと評判の銀行カードローンです

 

みずほ銀行カードローンでは収入のある方ならお金を借りれます。

 

・みずほ銀行カードローン金利 
※適用金利はご契約極度額に応じて異なります。
みずほ銀行では、大手銀行の安心感があります。 ※ご利用は計画的に

 

みずほ銀行カードローンは金利安い?大手銀行カードローンの審査通るか不安 初めてのキャッシング

 

 

 

みずほ銀行カードローンは金利安い?大手銀行カードローンの審査通るか不安 初めてのキャッシング

 

みずほ銀行カードローンは申込みから即日入金も可能で、銀行のカードローンにしては機動的に利用することができます。

 

ただ、金利の面と、大手銀行なので審査が厳しいのではないかというのが不安に思われるところかもしれません。

 

まず金利ですが、みずほ銀行カードローンの金利は、ウェブサイトなどを見ると基本的には4.0%から14.0%となっているようです。

 

間に10%もの幅があるのですが、一体どんな場合にどんな金利が適用されることになるのか、気になるところです。

 

これは、一言で言ってしまえば、いくらお金を借りるか、借りられるかによって決まるということになります。

 

だいたいどんな金融機関でも仕組み的には似たようなものなのですが、

 

カードローンでは、大きなお金を借りれば借りるほど、金利は低くなります。

 

一方、少額のお金ですと、相対的に高い金利となってしまうのです。

 

どうしてそんなことになっているのかというと、理由は2つあります。

 

一つは、多額のお金を貸せる人、借りられる人というのは、それだけ信用の高い人です。

 

信用が高くなければ借りられる金額は低くなってしまうのは当然のことです。

 

信用の高い人であれば、それだけ返済が遅れたり、返せなくなってしまうようなリスクは低いわけですから、

 

お金を貸すほうとしてはそれだけ安心でき、低い金利で貸しても十分に利益が出るわけです。

 

これが、リスクの高い人にお金を貸す場合はそうはいきません。一定の割合で貸し倒れになってしまうことも計算に入れた上で

 

金利を設定しないといけませんから、その分だけ金利は高くなってしまうのです。

 

もう一つはごく単純は理由です。多くのお金を貸すと、金利が低くてもそれなりの利益をローン会社は得ることができるので、十分に割が合うのです。

 

少額のお金であってもお金を貸す以上は審査や事務手続きなどに同じくらいの労力がかかりますから、

 

金利を高くしなければそれだけの仕事に見合った利益を得ることができません。

 

みずほ銀行カードローンの場合、借りる金額が100万円未満の場合は、金利は最高の年率14.0%になります。

 

一方で、限度額が800万円以上に設定された場合は、金利は最低の4.0%ということになります。

 

ただ、実際問題として、初めてみずほ銀行カードローンに申込むような人が800万円以上などといった限度額に設定されることはまずありません。

 

限度額は100万円未満、金利は14.0%になると思っておいたほうがよいでしょう。

 

なお、これでも金利は業界標準としては低いほうですから明記しておきます。

 

消費者金融などから借りる場合は、18%程度の金利になることを覚悟しておかなければなりません。

 

銀行であっても15%程度になることは多いですから、14%というのは明らかに低く、有利なのです。

 

一方で審査に関しては決して特別に厳しいということでもありません。

 

即日入金が可能となっていることからも、不必要に長期間にわたって厳しい審査を受けるようなことはないと考えてよいでしょう。

 

アイフル増額審査とみずほ銀行カードローンの新規申し込みはどちらがいい?審査は厳しい?

 

キャッシングを利用する場合は、どんな人でも利用限度額が設定されます。

 

利用限度額の範囲内なら返済の途中でも何度でもキャッシングができますが、超えてしまうとそれ以上の借入は返済が完了するまでできなくなります。

 

利用限度額を低めに設定すると、すぐにキャッシングができなくなるので不満に感じている人も多いです。

 

利用限度額が低くて思うような借入ができない場合の解決策としては、利用限度額を増額する方法や新たに別の金融機関に申し込みお金を借りる方法があります。どちらを選択しても審査があるので注意が必要です。

 

アイフルで増額審査を受けるのと、みずほ銀行のカードローンに新規に申し込むのではどちらがいいか迷う人もいます。

 

アイフルで増額をする場合は比較的簡単で、会員ページから申込んだり電話で申込むことが可能です。ただし申し込めば誰でも増額できるわけではなく審査に通る必要があります。

 

最低でも半年以上返済の実績がない人は申し込んでも審査に通ることは難しいです。他にも返済遅延をおこしたり途中で他社から借入をしてしまった人も増額は難しいでしょう。

 

 

アイフルに内緒で違う会社に転職したり、引越しをしていると信用できない人と思われて増額審査に落とされる可能性が高いです。

 

半年以上返済延滞などをせず、収入がアップしているならアイフルの増額審査に通る可能性も高いですが、あまり限度額を高額にしてしまうと審査に通らないので気をつけてください。増額ができる場合は、アイフル側から増額しませんかと連絡してくることが多いので、その時に申込むと審査に通りやすいです。

 

アイフルの増額審査に通る自信がない場合は、みずほ銀行カードローンに新規で申込むといいでしょう。

 

みずほ銀行カードローンは銀行なので、消費者金融より審査が厳しくなる傾向が高いですが、WEB完結が利用できるので手続きが簡単で便利です。

 

ただしWEB完結を利用する場合は、みずほ銀行口座を持っていて限度額が200万円以下の場合は、本人確認証や収入証明書がなくても契約できます。

 

今持っているみずほ銀行のキャッシュカードにカードローン機能を加えられるので即日キャッシングもできます。みずほ銀行の口座を持っている人は、アイフルで増額するよりもみずほ銀行カードローンに新規で申し込む方が便利です。

 

 

みずほ銀行に口座がない場合でも、もちろんカードローンの申し込みはできますが、本申込書類を送付しなければいけないので時間がかかってしまうので気をつけてください。

 

アイフル増額審査は厳しいのでみずほ銀行カードローンに申し込みたい 在籍確認はある?

 

消費者金融であっても借り入れ額が増えるので増額審査は厳しくなり、アイフルのキャッシングでも簡単に通るものではありません。新規に契約したり、前回の増額から半年以上の利用実績が必要であり、1回で増やせる金額も多くないため、少しずつ繰り返し行っていくよりも他の金融機関と追加で契約した方が早いです。ただし、限度額が上がらないのでアイフルだけで借りる場合と比べて金利が下がらないデメリットがあります。そのため、元々金利が低いみずほ銀行カードローンに申し込むと良いでしょう。

 

申し込みの際に気になる在籍確認ですが、基本的に行われます。個人信用情報機関の記録を見ればアイフルを利用していると分かりますが、アイフルの契約をしたときに在籍確認で勤務の実態があると確認できていても、現在も勤務しているとは限りません。

 

退職して収入がなくなっている、または転職で収入が減っていても情報を更新していない場合もあるため、みずほ銀行カードローンでも新規契約のときに在籍確認を行います。既にアイフルで在籍確認を行って契約できているので、みずほ銀行カードローンに申し込むも同じことが行われると考えれば良いです。

 

勤務先への電話は保証会社が行うので個人名でかけてくるため、本人が出られなかった場合でも周囲にバレる心配はありません。もし怪しまれた場合でも、みずほ銀行ではクレジットカードも取り扱っており、保証会社は同じであるためこの申し込みであると説明すれば問題ないでしょう。

 

 

なお、そもそも借り入れ総額を増やせるだけの収入があるかという点には注意が必要です。審査が甘いということはなく、収入が不十分でアイフルの増額審査に落ちている状況であれば、みずほ銀行カードローンに申し込んでも落ちる可能性が高いです。

 

収入は足りており、半年間の実績を作るのが待てないような人であれば契約できます。追加での契約ではなく、借り換えするために限度額を高くできないか相談するのも良いでしょう。希望が通れば低金利のみずほ銀行カードローンに借り入れがまとめられるのでさらに金利を低くでき、返済の負担を小さくできます。

 

このように、アイフルの増額審査に通らないのでみずほ銀行カードローンと契約したい場合、在籍確認は既に経験したものが行われるだけなので、転職で職場が変わっているなどの事情がないのであれば気にしなくて良いものです。

 

収入などの属性の審査に通るか気にした方が良いでしょう。

 

みずほ銀行カードローンの初回限度額はいくら?属性による?

 

みずほ銀行カードローンは銀行キャッシングなので、総量規制による縛りはありません。ただし際限なく借入できるわけではなく、属性も考慮して決められます。

 

属性から返済能力を決めて、初回限度額が決まるわけです。そのため希望額がそのまま通るとは限らず、それより少なくなる可能性は多いです。

 

10万円以上からの借入に対応しているので、審査に通過すれば10万円以上の借入は可能でしょう。最終的にいくら借入できるかはみずほ銀行が決定することなので、申込者が指定することはできません。

 

属性では年収・職業・他社借入も考慮されるため、申込者によって借入できる金額は変わってきます。属性のバランスがよいほど高額を借入しやすいのはすべてのローンに言えることです。

 

属性は返済能力を把握するもので、高いほど高額融資を受けやすくなります。年収は多いほど高額を借りやすいですが、安定性も重視されます。

 

例えばパートやアルバイトなどの非正規の方より、正社員・公務員のほうが高額融資を受けやすいです。年収が同額なら職業の安定性があるほど有利となり、最も借りやすいのは公務員です。

 

単発的に高額年収を得ている自営業の方は、公務員よりも属性は低く設定されます。

 

キャッシングは長期返済になることもあり、そうなると返済の安定性が重要になります。

 

他社借入は件数と金額が考慮され、件数は少ないほど有利です。

 

例えばキャッシング3件の契約をしており、それぞれ借入ゼロだとしても審査には影響してきます。確かに他社からの借入額はゼロですが、契約をしている以上は将来的に借入総額が増える可能性があります。

 

契約している状態はいつでも借りられると判断されるので、審査では不利になってしまいます。

 

他社借入金額は少ないほどよく、高額を借りている状態だと新規契約はできない可能性が高いです。

 

みずほ銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、最終的に銀行側が限度額を決定します。

 

ネガティブ要素が大きいと、借入が少なくなるのは消費者金融と同じです。

 

低金利のみずほ銀行カードローンに借り換えしたい方は、他社のローン総額を減らしておくのがおすすめです。

 

10万円以上の借入から実質14.0%が適用されるので非常にお得ですし、住宅ローンによる金利引き下げが適用されるとマイナス0.5%が適用されます。

 

消費者金融は18.0%の融資になることが多いので、銀行ローンにまとめるのは大きなメリットです。

 

銀行ローンは総量規制の対象外のため、年収の3分の1超の借入ができる可能性もあります。

 

 

みずほ銀行カードローンからフィッシング詐欺メール!?不審なメールがきたらどうしたらいい

 

みずほ銀行カードローンを名乗ってメールが来た場合、フィッシング詐欺メールの可能性があるので注意しましょう

 

。みずほ銀行側でも、フィッシング詐欺のメールについて警告しています。現在確認されているみずほ銀行カードローンのフィッシング詐欺メールとしては、キャッシングの仮申し込みの審査結果というメールがあります。メールにはリンクが貼られていて、その先でログインIDとパスワードを入力させるようになっています。

 

申し込んでもいないのにこのようなメールが送られてきた場合は、ほぼ確実にフィッシング詐欺のメールであるため、間違ってもリンク先をクリックしないようにしましょう。すぐに消去してしまうのが安全です。

 

 

送信元を確認すると、本当にみずほ銀行カードローンから贈られてきたかどうかがわかります。ただし、送信元のアドレスが偽装されていることがあるため、これは確実な方法ではありません。

 

ほかの方法もセットで活用して、安全かどうかをチェックする必要があります。例えば、ホームページのブラウザに鍵マークがついているか、URLがhttpsから始まっているかどうかはチェックしましょう。

 

また、みずほ銀行のサイトは安全なEV SSL証明書を使用しているサイトで、アクセスするとブラウザの上部が緑色に変わって、運営する企業情報等が表示されます。

 

フィッシング詐欺のサイトの場合、見た目は本物そっくりに作られていますが、偽物なのでこれらの特徴を有していません。また、ウイルス対策ソフトを入れている場合、高確率でブロックされます。仮にブロックされなかったとしても、上記の特徴がなければ偽物であるため、すぐにそのページを離れるようにしましょう。

 

みずほ銀行では、公式ホームページで不審なメールについての呼びかけを行っており、そちらで不審なメールの情報を公開しています。

 

それを見れば、本当にみずほ銀行カードローンから送信されてきたのかを検討できますので、怪しいメールが来た場合はチェックしましょう。

 

また、フィッシング詐欺メールは、文面が同じものが多数の人に送信されています。そのため、インターネット上では不審なメールの情報も寄せられています。

 

そのため、文面を入力してみて検索して、その情報がヒットすればフィッシング詐欺メールと見ても良いでしょう。

 

フィッシング詐欺メールのURLをクリックしてしまうと、ウイルスがダウンロードされてしまうことがあるため、怪しいと思ったらクリックしないようにしてください。

 

みずほ銀行カードローン審査に落ちる人の特徴。他の金融で借りていると借りれない?

 

みずほ銀行カードローンでは、最高限度額800万円と、カードローンの中でも特に高い融資が期待でき、また年利2%〜14%の低金利でお金をかりることができます。そのため、まとまったお金を借りたいという方や利息の負担を抑えてお金を借りたいという方にはおすすめです。

 

ただし、みずほ銀行カードローンでお金を借りようと思った時に、実際にお金を借りる状況にするためには審査に通過しなければなりません。

 

審査の基準は公表されておらず、また、公表義務もないので明確な判断基準は分かりません。

 

ただ、金利が審査に比例するため低金利であるほど審査は厳しくなると考えておいた方が良いでしょう。

 

一般的に審査は「属性」と「信用情報」で判断されます。

 

属性とは年齢、年収、職業、居住形態などの個人情報です。

 

単純に考えれば年収が高い人ほど返済能力があるとみなされて審査に通過しやすくなります。

 

また、正社員で働いている、勤続年数が長い、持家に住んでいる、固定電話を引いているなど有利になる条件がいくつかあります。

 

信用情報とは他社の借入状況です。

 

他社のカードローン、キャッシング、クレジットカード等の利用状況は金融機関や貸金業者の間で共有されています。

 

そのため他社の借入がある場合はそちらの返済も考慮する必要があるので、全体の返済能力に影響してくることになるでしょう。

 

信用情報の条件が良くても、信用情報に問題がある場合は審査に通過するのは難しくなります。

 

カードローンの申し込み条件は20歳以上で安定して継続的な収入がある人です。

 

中には、アルバイトだけど他社の借りれはない状況で審査に通ったという方もいます。

 

逆に正社員で働いているけど、他社の借入が複数あって返済に追われているため審査に通過できなかったという方もいるので、重要なのは他社の借入状況であることが分かります。

 

しかし、他社の借入があるからみずほ銀行カードローンの審査に通過できないというわけではありません。

 

基準は明確にはされていないので正確なことは言えませんが、一般的には他社の借入が3社を超えると、それ以上の貸付は受けられないと言われています。

 

ただし年収に対する借入額も重要なため、低収入であれば1社からの借入れがあるだけで、それ以上は貸付ができないと判断されることもあるでしょう。

 

 

また、平均的な収入があり借入れは1社でも、返済の滞納がある場合は審査に通過できない可能性が高くなります。